障がい児の福祉【保育士サポートサイト】

障害児福祉に関する専門機関

児童福祉法、母子保健法により、
障害児に対する福祉施策が規定されています。

 

そして、障害児福祉に対応する機関には、
児童相談所、保健所、家庭児童相談室、福祉事務所などがあります。

 

(1) 児童相談所

 

児童相談所は、さまざまな障害に関する相談に応じたり、
療育手帳取得のための判定等のサービスを提供しています。

 

療育手帳は、知的障害のある児童が、
福祉サービスを受けやすくするために交付されているものです。

 

(2) 保健所

 

保健所では、身体に障害のある児童に対し、
早期治療・療育のための指導が行われています。

 

また、専門医(整形外科医や小児科医など)による療育指導も行われます。

 

(3) 福祉事務所

 

福祉事務所では、療育地手帳の交付申請を受け付けたり、
身体障害者手帳の交付申請を受け付けています。

 

また、障害児を対象として介護給付のサービス申請窓口の機能も担います。

 

さらに、福祉事務所内の家庭児童相談室でも、
障害のある児童の相談を受け付けています。

 

(4) 発達障害者支援センター

 

発達障害者支援センターは、発達障害者支援法の成立よって設置されたものです。

 

発達障害者支援センターの役割には、以下のような役割があります。

 

 1 発達障害者、その家族に対して相談、助言を行い、
  発達障害の早期発見、早期の発達支援などを行う。

 

 2 発達障害者に対する専門的な発達支援及び就労の支援を行う。

 

 3 医療、保健、福祉、教育等に関する業務を行う関係機関、
  従事者などに対し、発達障害についての情報提供や研修を行う。

 

 4 発達障害に関する連絡調整を行う。

 

 5 その他